祝 辞    京都大学再生医科学研究所 助教授 中村 達雄

この度、稲田病院が創立32周年を迎えられましたことを、心からお祝い申し上げます。 稲田病院におかれましては、昭和47年の創立以来、地域における医療の向上に、多大 な貢献をなされてまいりました。こうした長年にわたるご尽力に深く敬意を表する次第 であります。さて私たち京都大学再生医科学研究所では2002年、開発した新しい人工神経を世界に 先駆けて臨床応用をするにあたって、当時奈良県立医科大学講師であった稲田有史先生 (現稲田病院院長)に御願いいたしました。これは稲田院長がこの分野の第一人者であり、 熟達した技術と豊富な臨床経験を有していたからであります。現在までに、稲田院長は、 奈良医大ならびに稲田病院ですでに140名以上の患者さんをこの人工神経で治療されて、 その成果は海外の医学雑誌でも高い評価を得ています。私はそのすべての手術に立ち会 わせていただき、稲田院長の神技のごとき手術を目の当たりにしてきました。さらに術 後の患者さんの回復する姿をつぶさに見て、この治療が神経麻痺や耐え難い神経疼痛に 苦しむ多くの患者さんにとって福音となるという確信をますます深めております。今後 も稲田病院がこういった末梢神経損傷治療のパイオニアとして活躍されることを心より 期待しております。最後になりましたが、稲田病院のますますのご発展と、院長はじめ皆様のご健勝を祈 念いたしましてお祝いのことばといたします。